不用品は行政と業者を使い分けよう

- 不用品は行政と業者を使い分けよう

不用品は行政と業者を使い分けよう

不用品が出たとき、あなたは市役所などの行政へ処分を依頼しようと考えてはいませんか。
不用品回収してくれるので、ありがたいですが、何でもかんでも行政へ依頼できるとは限りません。
そのことを知っておかないと、不用品で失敗してしまうなんてことにもなるかもしれません。

行政と不用品回収業者を比べると

不用品の回収を行政と業者を比べてみましょう。
行政の場合まずは、費用の支払いも必要となります。
一方業者の場合でも、業者によっては必要となります。
たとえば、テレビやベッドといった粗大ごみごとに金額がきまっていたり、トラックの台数や部屋の大きさによる金額などさまざまです。
独りぐらしでの回収も大丈夫ですし、また金額も独りぐらしに合わせたものもあるので、必ずしも高いと言うわけではありません。
ちゃんと適切な値段となっています。
さらに業者によってはリサイクルということで無料という場合もあります。
どちらも費用はかかるとみていたほうが良さそうです。
ところが、行政の場合には、回収できる粗大ごみも実はきまっています。
その中に入っていない電化製品のテレビ、エアコン、洗濯機などは回収できないこともあります。
これらは業者に頼むしかありません。
不用品によって、使い分けをするようにしましょう。


安心感は、行政が高そうである

何でも回収してくれる業者ですが、残念ながら料金トラブルや回収時に他のものを破損したなどのトラブルもあります。
行政の場合では料金トラブルはないでしょう。
安心感と言えば行政のほうが高そうです。

最後に

不用品の回収は、やはり行政と業者をうまく使い分けるようにしましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2015自治体と業者はどちらがお得?不用品回収について知ろう!All Rights Reserved.