法律も知っておこう

- 法律も知っておこう

法律も知っておこう

自治体も不用品回収をいろいろとしています。
その種類は粗大ごみなど限られていますが、それでも安く費用を抑えたりするには、効果的です。

不法投棄も目立ってきている

今では、不法投棄も問題になっています。
山に行けば冷蔵庫が捨てられていたり、ソファーが投棄されているといった様子もみかけます。
おそらく、夜中に山にわざわざ、運んできたのでしょう。
しかし、棄てられた冷蔵庫やソファーなとの粗大ごみは誰も片付けてはくれません。
ずっと自然の景観を汚し続けるのです。

不法投棄を禁止する法律

こうした不法投棄を禁止する法律も定められています。
もし、破ると5年以下の懲役、1千万以下の罰金となっています。
法人の場合には、1億円まで加重することができるようになっています。
バレたときにはかなりの重い罪を課せられます。
つい軽い気持ちで、不法投棄をするのは止めましょう。
やはりこれを食い止めるためにも、自治体の安い不用品回収も効果的と言えます。


自治体で回収できないら家電と法律

自治体では、テレビやパソコンなどの家電が回収できません。
なぜかと言うと家電リサイクル法があるからです。
これにより、テレビやパソコン、冷蔵庫、エアコンはリサイクルすることになりました。
そのためにも販売店に回収を依頼しなければならないからです。

最後に

自治体の回収の裏には、いろいろな法律も絡んでいます。
それをしっておかないと、あなたも不法投棄をするかもしれません。
環境にも優しく、安心して生活するためにも、きちんと自治体の回収を利用しましょう。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2015自治体と業者はどちらがお得?不用品回収について知ろう!All Rights Reserved.