家具の回収を自治体に依頼してみよう

- 家具の回収を自治体に依頼してみよう

家具の回収を自治体に依頼してみよう

粗大ごみの代表と言えば、ソファーやベッドでしょう。
買ったときも家や部屋への搬入も大変でしたが、いざそれを処分するとなったら、処分も大変です。
粗大ごみなどの不用品回収も、自治体に依頼できます。

ソファーを自治体に依頼してみよう

ソファーの回収も自治体も行っています。
自治体に依頼する場合には、事前に連絡して回収をしてもらう日時やかかる費用を確認しましょう。
かかる費用は、3000円以下と業者に比べてもかなりの割安です。
ソファーによっても価格は異なるので、大きさもしっかり伝えておくことは必要です。
そして、コンビニなどで、粗大ごみ処理券といった券を買い、ソファーへ貼ることになります。
自治体は、これがついていれば回収となります。
剥がれないように気をつけてください。
また、近所に迷惑をかけないことも必要で、確認した日になって初めて所定の場所へ置くようにしましょう。

他の家具も同じような流れである

他にもベッドやタンスといった家具でもやはり、自治体に依頼する場合には、事前の確認と処理券の購入、当日に置くこととなります。
これを破れば回収されなくなり、近所にも迷惑をかけるので気をつけましょう。


最後に

費用については、業者よりも抑えられますが、所定の場所へ移動させるのは自身でおこなわなければならないのが大きなネックです。
それでも、自治体に依頼する場合には、家族や友人や近所の人の協力を経て、移動させましょう。
家具の不用品回収もしっかりとルールを守って行いましょう。

Copyright(C)2015自治体と業者はどちらがお得?不用品回収について知ろう!All Rights Reserved.